[ Blog ][ 記事 ]

インタフェースとしてのエコシステムの回復

人と自然の関係を再構築することがリジェネレーションであるとすれば、それは人と自然のインタフェースであるエコシステムを再生することにある。リジェネレーションとは、エコシステムを回復し、そのエコシステムサービスの中に、一体となってすべての種の生命を繁栄させることを意味している。

UNEP(国連環境計画)では、2021年からの10年を「エコシステム回復の10年」として、そのガイドブックを発行している。人間を含む動植物の生息の地である、海や川、森林、湿地などの現状の課題と再生に向けガイドしている。
その日本語版は、ここからダウンロードできる。一読されることをお勧めする。



wpmaster

wpmaster

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です