[ Blog ][ 記事 ]

ESG: Social License to Operate 暗黙の操業許可

株式会社に代表される営利組織、NPO、NGOに代表される非営利組織のいずれかを問わず、組織は地球環境を守り人々を力づけ地域の発展に貢献していかなくてはなりません。なりません、というかそうしないと(社会に貢献しないと)その存在を許されない、といえます。企業であれば衰退し、非営利であれば活動に賛同を得られなくなります。

組織の活動は、社会から暗黙の操業免許、Social License to Operate(SOL)をもらってはじめて成り立つといえます。ESG、とくにそのS(Social)は、このSOLを得ることにあります。事実としての活動のみならず、それを公に報告し発信することが、信頼をえる、存続が許される、すなわち継続的にSOLを得るために大事な要件になります。

とくに、活動資金の多くの割合をドネーションに頼らざるを得ないNPOにとって、SOLを得て、make more moneyの基盤をつくることは重要です。ESGはビジネスのためにだけあるのではなく、非営利のためにあるとも言えます

wpmaster

wpmaster

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です